【20代必見】車の維持費を節約する方法!維持費が安いおすすめ車種も紹介

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

【20代必見】車の維持費を節約する方法!維持費が安いおすすめ車種も紹介

【20代必見】車の維持費を節約する方法!維持費が安いおすすめ車種も紹介

20代で車の購入を検討する場合、気になるのは維持費ではないでしょうか。車を購入しても維持費が高額になる場合、普段の生活が厳しくなるだけでなく、せっかく購入した車を手放すことにもなりかねません。

 

そのような事態を避けるためにも、車の維持費を節約する方法を知っておくことは大切です。保険や維持費を抑えるコツや、どのような車であれば維持費が抑えられるのかをご紹介しますので、車を購入する際の参考にしてください。

 

※目次※             

1.20代が車を持たない理由に維持費の負担がある

2.20代でも車を持ちたい!年間維持費の目安を知ろう

3.維持費の負担を減らしたい20代におすすめの購入時のポイント

4.維持費を抑えたい20代におすすめの車種6選

5.20代でも維持費の負担が少ない車をネクステージで探そう

6.まとめ

 

■POINT

・20代の車離れの原因は税金やガソリン代、カーローンなどの維持費が一番の理由。

・維持費の負担を減らしたい20代は、排気量が低い車種を中古車から選び、燃費の良い乗り方を心がけよう!車購入時のポイントや維持費を抑えるコツなどを知ることができます。

・維持費を抑えたい20代におすすめな車種は6種。無料保証のあるネクステージで購入しよう!

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

20代が車を持たない理由に維持費の負担がある

【20代必見】車の維持費を節約する方法!維持費が安いおすすめ車種も紹介

車は、通勤や買い物に役立つだけでなく電車よりも移動コストに優れるといった面もあるため、できれば車を持ちたいと考える人も多いでしょう。

 

しかし、現在は20代の車離れが進んでいると言われています。理由はさまざまですが、一番の理由は維持費にあるようです。ここでは、20代が車を持たない選択をする理由をご紹介します。

 

20代の収入では払えない場合がある

20代の収入では、車の維持費を払っていけないケースも多々あります。国税庁の年齢階層別の平均給与を見ると、20歳代の平均給与は約200万円~300万円です。ボーナスの有無や回数によって変動しますが、20代の手取りは約15万円~20万円であると言えます。

 

20代で一人暮らしをしている場合は、家賃や食費、光熱費などの出費から月に自由に使えるお金は限られます。

 

車にかかる維持費は、ガソリン代、保険料、車検代、駐車場代など多岐に渡ります。また、ローンを組んで車を購入した場合は、ローン費用も加わるため負担はふくらむばかりです。これらの資金を捻出する余裕のないことが要因でしょう。

(2021年8月時点での情報です)

 

維持費が無駄に感じる場合がある

20代が車を持たない理由には、維持費が無駄だと感じている場合があります。日本トレンドリサーチが2021年に行った車についての調査結果では、車を持ちたいと思わない理由として、お金がかかるからが約62%と半数以上を占めました。

 

そのうち最も無駄だと思うものに税金、駐車場代、車検費用など、多くの維持費が含まれていることから、20代が車を持たない理由には車の維持費に無駄を感じるためでしょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

20代でも車を持ちたい!年間維持費の目安を知ろう

【20代必見】車の維持費を節約する方法!維持費が安いおすすめ車種も紹介

20代であっても車を持ちたい場合は、年間維持費の目安を知ることが大切です。。年間維持費の目安を知ることで、車を購入した後でも維持していくことができるかどうか、シミュレーションすることが可能です。

 

また、購入した車を手放すといった最悪なケースを避けるためにも、ここで解説する年間維持費の目安を頭に入れておきましょう。

 

カーローンの支払い

カーローンを組んで車を購入した場合は、車両価格以外にも金利が上乗せされます。金利は一律ではなく、ローンを組んだ金融機関や信販会社によって変わるので注意が必要です。

 

一般的にディーラーでカーローンを組んだ場合、金利の相場は約6%~9%になります。銀行系カーローンの金利相場目安は約1%~5%です。金利で選ぶのであればディーラーよりも銀行系カーローンがお得ですが、審査も厳しく時間がかかるといった特徴があります。

 

カーローンの支払いは、金利以外にも保証料や手数料がかかる場合もあります。

 

車にかかる税金

車を購入した場合、自動車税(軽自動車税)や重量税の支払いが必要です。自動車税は毎年4月に納税し、車の排気量によって定められた課税額を支払います。自動車税の目安は軽自動車であれば約1万800円です。普通自動車になると排気量2,000cc超~2,500cc以下で約4万3500円と、軽自動車に比べ割高です。

 

重量税は車検時に支払います。車両重量1,000kg以下、エコカー減免なしの場合、重量税は2万4,600円程です。重量税は重量が重いほど課税額が増える仕組みで、0.5トン毎に支払う課税額が増えます。

(2021年8月時点での情報です)

(参考:『自動車税・軽自動車税種別割|総務省』

(参考:『自動車重量税額について|国土交通省』

 

事故対策にかかる保険

年間維持費には、事故対策にかかる保険代も含まれます。保険には自分で加入を選べる任意保険のほかに、自賠責保険という国によって加入が義務付けられた保険に加入する必要があります。

 

20代の任意保険では、年間保険料の平均相場目安は約14万円です。20代の任意保険は事故リスクが高いとされているため、保険料が高額になる傾向にあります。自賠責保険の24か月の保険料は、普通自動車で約2万10円、軽自動車で1万9,730円です。

 

自賠責保険は、沖縄県や離島の保険料は本土用とは異なるため注意しましょう。

(2021年8月時点での情報です)

(参考:『自賠責保険ポータルサイト|国土交通省』

 

定期的に受ける車検代

全ての車は(一部小型特殊自動車を除く)車検を受けなければなりません。車検が切れてしまった車で公道を走行すると、道路運送車両法という法律に違反することになるため、必ず車検は通しましょう。

 

車検のサイクルは約2年ごとです。車検には以下の費用が含まれるので、維持費の参考にしてください。

 

・車検基本費用

「定期点検、測定検査、車検代行手数料」

 

・法定費用

「自動車重量税、自賠責保険料、検査手数料(印紙代)」

 

・部品交換費用

「部品交換、消耗品交換」

 

車検は受ける業者によっても金額が異なりますが、目安は普通自動車で約10万円前後、軽自動車では7万前後と言われています。

(2021年8月時点での情報です)

(参考:『自動車の検査|国土交通省』

 

定期で受けるメンテナンス

車には定期で受けるメンテナンス、法定点検も必要です。法定点検には「法定12か月点検」と「法定24か月点検」があります。

 

・法定12か月点検

足回りや車体の外側、下など26項目の点検を行います。トラブルなどがなければ1万円~2万円で済ませることが可能です。

 

・法定24か月点検

24か月点検では、法定12か月点検の項目を含んだ56もの項目を点検します。費用は軽自動車であれば約2万円前後、普通自動車なら約3万円前後で受けられます。

(2021年8月時点での情報です)

 

動かすためにかかる経費

車を走らせるためには、ガソリン代、駐車場代などが必要です。高速道路を走行する場合は高速料金も含まれます。

 

ガソリン代は「ガソリン価格(円/L)× 走行距離(km) ÷ 車の燃費(km/L)」で算出することが可能です。燃費20km/Lの車で1万km走行したとすると、ガソリン代は7万5,000円になります(ガソリン価格は2021年8月の150円を参考にしています)。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

維持費の負担を減らしたい20代におすすめの購入時のポイント

【20代必見】車の維持費を節約する方法!維持費が安いおすすめ車種も紹介

車種の選び方など、維持費の負担を減らしたいと考える20代におすすめの購入時のポイントをここから、ご紹介します。また、車の維持費を減らすコツや保険の見直しについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

 

燃費の良い乗り方をする

ガソリン代の節約は、維持費の負担を減らすことにも繋がります。燃費の良い乗り方をすれば、それだけ維持費を減らせられるので効果的です。

 

燃費の良い乗り方にはアイドリングストップを意識することや、エンジンオイルやタイヤの空気圧を、日ごろから点検することも忘れずに行っておきましょう。また、重い荷物は燃費の悪化に繋がります。すぐに使う必要がない荷物は降ろしておくと良いでしょう。

 

発進時のアクセル操作も燃費に影響を与えるため、急に発進させるのではなく、AT車はクリープ現象を利用した発進を心がけます。反対に、MT車は発進時にはアクセルを徐々に踏み込むように発進させることで燃費の節約が可能です。

 

保険に見直しは慎重に

維持費の節約のために保険料を見直す場合は、慎重になる必要があります。特に相手の怪我に対する「対人補償」や、相手の車に対する補償の「対物補償」は請求額が高額になるケースが多いため、外さないでおきましょう。

 

保険を見直すのであれば、車両保険の補償額や特約、運転条件などがおすすめです。また、インターネットや電話などで直接契約(ダイレクト保険)すれば代理店手数料を省くこと可能です。

 

排気量が低い車種にする

排気量が低い車種を選ぶことで、自動車税を安く抑えられます。自動車税は排気量が1L以下でも2万9,500円ほどかかります。1.5L~2L以下の場合はさらに1万円が上乗せされ、税金は3万9,500円です。

 

自動車税は毎年支払う必要があるため、排気量の低い車種にすることで維持費を抑えましょう。また、重量が重ければ重いほど、重量税も高くなっていくため、維持費を抑えるためには重量の軽い車がおすすめです。

(2021年8月時点での情報です)

 

トータルコストが安い中古車にする

維持費を抑えるためには、トータルコストが安い中古車を選ぶことも視野に入れましょう。ローンを組んで購入する場合は、車両価格を節約できる中古車の購入がおすすめです。車両価格が安い車を選ぶことで、月々の負担を減らせるでしょう。

 

また、3年落ちや5年落ち、届出済未使用車などの状態の良い中古車ならばトラブルが少なく、車検やメンテナンスなどもそれほど費用をかけることなく乗れる可能性もあります。

 

好みにもよりますが、自動車税・重量税を考慮すると、普通自動車よりも軽自動車の方がトータルコストを抑えられます。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

維持費を抑えたい20代におすすめの車種6選

【20代必見】車の維持費を節約する方法!維持費が安いおすすめ車種も紹介

前述の維持費を減らす購入時のポイントやコツを確認した上で購入する車を選びましょう。、ここからは、は維持費を抑えたい20代におすすめ車種のN-BOX、ハスラー、シエンタ、フリード、ヤリス、プレマシーの順にご紹介しますで、参考にしてください。

 

ホンダの軽【N-BOX】

【20代必見】車の維持費を節約する方法!維持費が安いおすすめ車種も紹介

維持費を抑えたい20代におすすめ車種のひとつに、ホンダのN-BOXがあります。WLTCモード燃費は21.2km/L、人を中心に考えた広さと使いやすさが特徴です。

 

軽自動車のため、普通自動車と比べ年間維持費を抑えられます。スライドリアシートをずらすことで荷物を置ける空間を拡大でき、さらに後部座席を折りたたむことで、自転車を載せることも可能で、普段使いからアウトドアまでさまざまなシーンで活躍できます。

 

N-BOXの中古車価格帯は約37万円~200万円です。ターボ車や4DWも豊富に流通しているため、住んでいる環境に合った車両が見つけられます。

(2021年8月時点での情報です)

(参考:『N-BOX(ホンダ)の中古車一覧』

 

スズキの軽【ハスラー】

【20代必見】車の維持費を節約する方法!維持費が安いおすすめ車種も紹介

ハスラーは、マイルドハイブリッドを全車に搭載しているため、燃費に優れた一面を持っています。WLTCモードは25.0km/Lと優秀です。バックモニター付きであれば、駐車の際もガイドラインを頼りに駐車ができます。

 

シートヒーターが標準装備されていることやフルフラットにすることもできるため、ギャンプの際には車中泊を楽しめます。維持費を抑えることはもちろん、街乗りだけでなくアウトドアも楽しみたい人にぴったりな車です。

 

ハスラーの中古車価格帯は約64万円~180万円となります。カラーバリエーションも豊富なため、自分の好みに合った車両を見つけることが可能です。

(2021年8月時点での情報です)

(参考:『ハスラー(スズキ)の中古車一覧』

 

トヨタのミニバン【シエンタ】

【20代必見】車の維持費を節約する方法!維持費が安いおすすめ車種も紹介

維持費を抑えたい方には、ミニバンでもトップクラスの低燃費を実現したシエンタもおすすめです。シエンタには、ガソリン車のほかにハイブリッド車があります。シエンタのWLTCモードカタログ燃費は、ハイブリッド車で22.8km/L、ガソリン車でも17.0km/Lと低燃費を実現しました。

 

シエンタはコンパクトなボディながら室内空間が広く、あらゆるシーンで活躍できます。シエンタの中古車価格帯は約30万円~220万円です。

 

ハイブリッド車も多く出回っているため、ミニバンに乗りながら維持費を抑えたい場合に検討しましょう。

(2021年8月時点での情報です)

(参考:『シエンタ(トヨタ)の中古車一覧』

 

ホンダのコンパクトミニバン【フリード】

【20代必見】車の維持費を節約する方法!維持費が安いおすすめ車種も紹介

シエンタ同様、フリードもコンパクトミニバンでありながら低燃費を実現した車です。WLTCモードカタログ燃費はハイブリッド車で20.8km/L、ガソリン車では17.0km/Lになります。ミニバンとしては最小クラスのサイズでありながら3列シートを備えているため、5人以上の乗車が可能です。

 

また、全高が1,710mmと高く、友達や家族など、大人数でのドライブも快適に走行できます。フリードの中古車価格帯は約24万円~260万円と幅広く、ハイブリッド車も多く流通しているため中古車を探しやすい環境にあると言えるでしょう。

(2021年8月時点での情報です)

(参考:『フリード(ホンダ)の中古車一覧』

 

トヨタのコンパクトカー【ヤリス】

【20代必見】車の維持費を節約する方法!維持費が安いおすすめ車種も紹介

トヨタのコンパクトカー、ヤリスは電気系・機械系損失を大幅に低減することで、WLTCモードカタログ燃費35.8km/L(HYBRID G)と、非常に優れた低燃費を実現しました。

 

クラストップレベルの低燃費を実現しながらも、新型1.5Lエンジンを搭載することで軽快な走りも可能としています。ヤリスの中古車価格帯は約170万円~300万円です。比較的走行距離が少なく、状態の良い中古車が出回っています。

(2021年8月時点での情報です)

(参考:『ヤリス(トヨタ)の中古車一覧』

 

マツダのミニバン【プレマシー】

【20代必見】車の維持費を節約する方法!維持費が安いおすすめ車種も紹介

マツダのミニバン、プレマシーは現在生産終了となっていますが、中古車なら手に入れることが可能です。プレマシーはスタイリッシュなボディデザインや、快適な乗り心地で今でも根強い人気を誇っています。

 

燃費性能はJC08モード で14km/Lとやや物足りなさを感じますが、中古車価格は約60万円と手が出しやすく、カーローンを組む場合でもそれほど負担にならないでしょう。

 

車内は3列シート、7人が乗車可能な広い室内空間を実現しています。中古車の流通は少なく、プレマシーの購入を検討する場合は早めの購入がおすすめです。

(2021年8月時点での情報です)

(参考:『プレマシー(マツダ)の中古車一覧』

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

20代でも維持費の負担が少ない車をネクステージで探そう

20代であっても、維持費の負担が少ない車であれば購入しても維持できます。特に、中古車であれば車両価格も抑えられるため、新車を購入するよりも費用が抑えられるでしょう。

 

しかし、本体価格が安い車は故障のリスクもあるため注意が必要です。本体価格、維持費が安くさらに故障リスクの少ない車を探す場合は、ぜひネクステージをご活用ください。

 

ネクステージは豊富な車を揃えているだけでなく、無料保証があるため購入後の故障リスクに備えられます。また、修復歴のない車のみを扱っているため、車両の品質にも自信があります。中古車をご検討の際は、ぜひネクステージをご相談ください。

 

PR100万円以下の国産車

まとめ

【20代必見】車の維持費を節約する方法!維持費が安いおすすめ車種も紹介

維持費には、ガソリン代だけでなく駐車場代、税金、車検、保険なども含まれるため、車を購入する前はこれらを含めた維持費を考慮することが必要です。一般的に給与が安いとされる20代ですが、適した車であれば購入し維持できます。

 

無理なく車を持つためにも、車は新車よりも中古車を購入がおすすめです。その場合、保証がついている車を選ぶことも大切なため、中古車をどこで買うべきかもきちんと検討する必要があります。

 

ネクステージであれば、無料保証がついているため安心して車を購入することが可能です。車両も豊富に揃えていますので、中古車をご検討の際はぜひネクステージをご利用ください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

【20代必見】車の維持費を節約する方法!維持費が安いおすすめ車種も紹介

気になる車種をチェックする

 

ページトップへ