軽自動車と普通車の維持非維持費の比較表を見てみよう!費用の種類や目安を解説

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

軽自動車と普通車の維持非維持費の比較表を見てみよう!費用の種類や目安を解説

軽自動車と普通車の維持非維持費の比較表を見てみよう!費用の種類や目安を解説

車を持つと必ずかかる維持費として、自動車税や車検代、ガソリン代、メンテナンス費などがあります。車に乗るための必要経費ではありますが、維持費が高すぎると車を所有するのが難しくなるでしょう。

 

そこでこの記事では、車の維持費は実際どれくらいかかるのか、維持費を安く抑える方法などについて詳しく解説します。車の維持費をなるべく安く抑えたいという方はぜひ参考にしていただき、運用計画を立てるのに役立ててください。

 

※目次※

1.車の維持費はどのくらいかかるの?

2.軽自動車と普通車の維持費の比較表をみてみよう

3.軽自動車と普通車の維持費を表で比較してみよう

4.軽自動車や普通車の維持費を安くするポイント

5.維持費の安い軽自動車や普通車を探すならネクステージへ!

6.よくある質問

7.まとめ

 

■POINT

・車の維持費には自動車税や自動車重量税、保険料、ガソリン代、メンテナンス代などが含まれる

・車の重量や排気量によって税金が異なる!燃費の良し悪しも燃料代に関係するので、購入時にチェックしよう

・車の維持費を抑えたいなら、燃費が良い車やリセールバリューが高い車がおすすめ!減税措置を利用することも検討しよう

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車の維持費はどのくらいかかるの?

軽自動車と普通車の維持非維持費の比較表を見てみよう!費用の種類や目安を解説

車の維持費は年間どのくらいかかるのかご存じでしょうか。

2019年に日本自動車工業会が行った調査によると年間にかかる維持費を「~20万円」「~30万円」と回答した人の割合が全体の6割以上という結果が出ています。(※参考:2019年度 乗用車市場動向調査

 

ここでは、その内訳となる維持費の種類や車種による維持費の違いを解説していきます。

 

車の維持費の種類

車の維持費は大きく分けて「走行に直接関わるもの」「乗車に関わるもの」「メンテナンスに関わるもの」の3つがあります。それぞれの内容は以下をご覧ください。

走行に直接関わるもの

・燃料代

・駐車場代

・高速料金

乗車に関わるもの

・保険(自賠責/任意)

・税金(自動車税/軽自動車税/重量税)

メンテナンスに関わるもの

・車検代             

・オイル・エレメント代   

・タイヤ代          

・修理代

※slide →

このほかローンを利用している場合は金利も発生します。

 

車によって維持費は変わる

車両は大きさや排気量によって種類が分けられており、支払う税金にかかわっています。また、燃費の良さは燃料代に直結する重要なポイントです。車の仕様によって維持費に違いが出ることを知っておきましょう。

特に注意したいのが、自動車重量税と自動車取得税の負担を軽減できる制度「エコカー減税」を受けたい場合です。

なぜならエコカー減税には燃費や排気量に条件があり、当てはまっていなければ優遇措置を受けることができないからです。自分の欲しい車が対象かどうかしっかり調べておくことをおすすめします。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

軽自動車と普通車の維持費の比較表をみてみよう

軽自動車と普通車の維持非維持費の比較表を見てみよう!費用の種類や目安を解説

税金や保険料など、車を維持するために必要な費用の項目はさまざまです。何にどのような費用がかかるのかを把握しておけば、前もって準備ができていざという時に焦らずに済みます。

また、維持費の見直しや比較も簡単になるので、安定して車に乗り続けるためにも概要を確認しておきましょう。

ここでは、セダンを例に6項目に分けて維持費の内容を解説します。

 

自動車税種別割

自動車税種別割は車を所有し続ける限り、毎年継続的に課されるものです。そのため、負担を感じやすい費用のひとつといえるでしょう。税額は総排気量によって決定するため、大型セダンを所有していると負担が大きくなります。

 

一方で、近年では環境に優しい「エコカー」を購入すると、燃費性能の達成度合いによって車にかかる税金がそれぞれ減税されることもあることを覚えておきましょう。自動車税種別割も恒久減税で税金が軽減されます。

 

軽自動車の税率は普通自動車に比べて、かなり安くなっています。それぞれの税率を表にまとめたので、比較してみてください。

 

四輪以上(排気量660cc以下)の乗用の軽自動車の税率 (年税額)

排気量

標準税率

軽減税率(75%軽減)

軽減税率(50%軽減)

660cc以下

10,800円

2,700円

-(営業用自動車のみ)

※slide →

 

自動車税種別割(自家用普通車)

排気量

標準税率

軽減税率(75%軽減)

軽減税率(50%軽減)

1リットル以下

25,000円

6,500円

12,500円

1リットル超〜1.5リットル以下

30,500円

8,000円

15,500円

1.5リットル超〜2リットル以下

36,000円

9,000円

18,000円

2リットル超〜2.5リットル以下

43,500円

11,000円

22,000円

2.5リットル超〜3リットル以下

50,000円

12,500円

25,000円

3リットル超〜3.5リットル以下

57,000円

14,500円

28,500円

3.5リットル超〜4リットル以下

65,500円

16,500円

33,000円

4リットル超〜4.5リットル以下

75,500円

19,000円

38,000円

4.5リットル超〜6リットル以下

87,000円

22,000円

43,500円

6リットル超

110,000円

27,500円

55,000円

※slide →

 

自動車重量税

自動車重量税は新規登録時もしくは車検時に、車検証の有効期限分をまとめて支払うことになります。普通自動車は車両の重量に応じて税額が決まりますが、軽自動車の場合は車両の重量に関係なく定額です。車両重量と自動車重量税の関係は以下の表で確認しましょう。

 

エコカー減税適用なし登録から13年未満の場合

車検期間/車両重量

1年

2年

3年

軽自動車

5,200円

6,600円

9,900円

~500kg以下

4,100円

8,200円

12,300円

~1,000kg以下

8,200円

16,400円

24,600円

~1,500kg以下

12,300円

24,600円

36,900円

~2,000kg以下

16,400円

32,800円

49,200円

~2,500kg以下

20,500円

41,000円

61,500円

~3,000kg以下

24,600円

49,200円

73,800円

※slide →

 

メンテナンス、車検費用

車検は、新車購入から3年後、それ以降は2年ごとに受けることが法律で定められています。車検費用は、安全基準に合格するための整備と検査の車検代だけではありません。自動車重量税や自賠責保険料なども含まれています。

 

車検費用の相場は、軽自動車なら7万円前後、普通自動車は10万円前後です。しかし、車検も行なっている中古車販売店やディーラー、ガソリンスタンドなど、車検を依頼する業者によっても費用は大きく違ってくるため、あくまでも目安として参考にしてみてください。

 

燃料代、ガソリン費用

燃料代やガソリン代は、普通車・軽自動車によって違いが出るというよりも燃費で変わります。車を走行させるためには、燃料であるガソリン代は欠かせません。ガソリン代の相場は産油国の状況や円高・円安などで上下しますが、レギュラーガソリンなら125円前後が相場です。

 

ただし、必要な燃料は車種によっても異なり、レギュラーガソリン以外にも、ハイオクや軽油(ディーゼル)があります。そのなかでも、ディーゼル車は燃料代が安いことでも知られています。

 

また、ガソリン代は車の総排気量や走行距離などが大きく影響してくることから、月額でどれくらいのガソリン代がかかるのか、ということについては個人差があります。すでに車を所有している人は、現在のガソリン代からある程度の費用を算出してみましょう。

 

保険料

車に関する保険は、法律で加入が義務付けられている「自賠責保険」と、任意で加入する「自動車保険」の2つに分けられます。自賠責保険料は保険会社による差はありません。

 

12ヶ月

13ヶ月

24ヶ月

25ヶ月

自家用乗用自動車

12,700円

13,310円

20,010円

20,610円

軽自動車

12,550円

13,150円

19,730円

20,310円

※slide →

(2022年5月現在)

 

自動車保険は「年齢」「等級」「使用目的」「使用状況」「種別」など、さまざまな観点から年額が決定されます。自動車保険に加入しないという選択肢もありますが、万が一の事故に備えて自賠責保険とは別に加入したほうがよいでしょう。

 

駐車料金

車を購入したら、駐車しておくスペースを確保しなければいけません。一軒家など敷地内に駐車場があれば費用は0円で済みますが、駐車場がなかったりマンションやアパートに住んでいたりする場合は、月極の駐車場を借りる必要が出てきます。

 

駐車場代は、車を走らせていなくても所有しているだけで毎月かかる、車のための家賃です。相場としては、地方だと1ヶ月あたり5千円前後、都市部だと数万円することもあります。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

軽自動車と普通車の維持費を表で比較してみよう

軽自動車と普通車の維持非維持費の比較表を見てみよう!費用の種類や目安を解説

維持費は車を購入する際の重要なポイントです。特に排気量は維持費に大きく影響します。そのため、排気量の大きい普通車と、排気量が小さい軽自動車では維持費が大きく変わってきます。

 

ここでは、普通車と軽自動車の維持費を表にまとめました。それぞれの維持費を比較し、年間維持費がどのくらいかかるのか確認してみましょう。

 

普通車

車種のイメージ

トヨタ クラウン

総排気量

1.690L

燃費(WLTCモード)

12.4km/L

自動車税種別割(年間あたり)

3万6,000円

自動車重量税(年間あたり)

1万6,400円

自賠責保険料(年間あたり)

1万5円

車検代(1回あたり)

4万1,000円+自賠責保険+整備費

ガソリン代(年間走行距離4,800kmの場合)

5万4,696円

駐車場代

10万400円

任意保険(※)

9万8,400円

年間あたり

33万6,401円

2年間合計

67万2,802円

1か月あたり

2万8,033円

※slide →

※年齢:30歳以上、年間走行距離:年間5,000km、運転者限定:家族限定、対人賠償:無制限、車両保険:つける、等級:10等級、免許:ゴールド、運転者の年齢制限:30歳以上、対物賠償:無制限 以下全て任意保険は上記の条件で計算

 

セダンタイプのクラウンは分類としては普通自動車に含まれ、税金の額は軽自動車と大型自動車の中間に位置します。

 

ハイオクガソリンを使用するためガソリン代がかかること、任意保険が他よりも高くなっていることが影響して全体の維持費は高めです。保険内容の見直しなどを行うことで維持費の軽減ができる場合があるので、検討してみるのもよいでしょう。1か月あたりの維持費は2万8,317円程度です。

 

軽自動車

車種のイメージ

スズキ ハスラー

総排気量

0.660L

燃費(WLTCモード)

25km/L

軽自動車税種別割(年間あたり)

1万800円

自動車重量税(年間あたり)

3,300円

自賠責保険料(年間あたり)

9,865円

車検代(1回あたり)

2万5,800円+自賠責保険+整備費 

ガソリン代(年間走行距離4,800kmの場合)

2万5,032円

駐車場代

10万400円

任意保険(※)

5万8,800円

年間あたり

22万1,097円

2年間合計

44万2,194円

1か月あたり

1万8,425円

※slide →

軽自動車であるハスラーは、軽自動車税種別割などの税金を普通自動車よりも安く抑えられます。車検代や保険も普通車より安く済む点が特徴です。

 

燃費(WLTCモード)は25km/Lと、ガソリン代もそこまで負担にはならないでしょう。任意保険も軽自動車であることから安くなっています。1か月あたりの維持費は1万8,720円程度です。また、車種を問わず故障などに備えてメンテナンス費用の積み立てをしておくことも忘れないようにしましょう。

 

PRハスラーの中古車

軽自動車や普通車の維持費を安くするポイント

軽自動車と普通車の維持非維持費の比較表を見てみよう!費用の種類や目安を解説

毎月の維持費を考えると、なかなか購入に踏み切ることができない人もいるのではないでしょうか。しかし、購入時・運転中・売却時の3つのタイミングを費用が決まるポイントとて押さえ、ある工夫をすることで車の維持費用を安く抑えることができます。いまからでも遅くない、車の維持費用を安くするための方法についてご紹介します。

 

燃費の良い車を選ぶ

車の購入を検討している人の中には、車種で迷っているという人もいるのではないでしょうか。どの車種にするのかは、何を目的として使用したいのかで選ぶことが大切です。

 

すでに数車種に絞っている人もいるかもしれませんが、そのなかでも燃費の優れた車を選んでみてください。排気量別の維持費用でもご紹介した通り、低燃費であればあるほど、毎月の維持費用を抑えることができます。

 

急発進、急停止を避ける

運転中にガソリンを最も使うのが、発進時といわれています。アクセルを深く踏んだとき、エンジンに大きな負荷がかかり、窒素酸化物の排出量が増加するからです。そのため、発進や停止の回数を減らすことで燃費の向上につながります。運転中はアクセルを強く踏み込みすぎず、優しく運転することを心掛けてください。また、前方を走っている車と十分な車間距離をとることも大切です。

 

リセールバリューの高い車を選ぶ

リセールバリューとは、車を売却するとき、どれくらいの価値があるのかを表現する言葉です。新車で人気の車種はリセールバリューが高いのはもちろんのこと、最近ではハイブリッドカーの需要も高くなっています。そのなかでも特にリセールバリューが高いといわれているのがSUVです。購入時には、どれくらいの査定額がつくのかも予想しながら選ぶと良いでしょう。

 

任意保険の費用を抑える

任意保険は強制力のある自賠責保険と異なり、加入は自分の意志で決定できます。補償内容は車の補償や事故相手への補償、自身や搭乗者への補償などが代表的ですが、不必要な補償は省くことも可能です。

販売業者によっては購入時にサポートを設けており、それを活用することで任意保険の必要な範囲や時期を調整することもできます。

例えば、「1年間修理費無料」というサービスがあった場合、1年間は販売店でサポートを受けたのち任意保険に加入するということも可能です。

 

車検費用を抑える

定期的に受ける必要のある車検は、高額なイメージがあります。実際に高い料金を支払っている方もいるでしょう。「車検の節約は難しいんじゃないの?」と考えている方もいるかと思いますが、実は依頼する場所によって費用が大きく異なるのです。

もちろん法定費用と呼ばれる自動車重量税や自賠責保険料などは一定ですが、作業料金は車検業者が自由に設定できます。

車検は料金が高額なほど安全だというわけでもありません。安くてパフォーマンスの良い店舗を利用することでコストを節約できます。

 

減税制度を利用する

燃費や排ガスの基準をクリアした車を購入する際には、「エコカー減税」「グリーン化特例」「環境性能割」などの税金優遇を受けられます。よく耳にするエコカー減税とは、燃費性能・排出ガス性能に優れた車を新車新規登録する際に、性能に応じて重量税が減税される制度です。

 

エコカーは価格が高いものが多いですが、後々支払う税金の負担が少なくなるのがメリットでもあります。また、燃費が良いことで燃料代も抑えられるでしょう。車両の本体価格はもちろん、税金や燃費まで計算して車を選ぶことをおすすめします。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

維持費の安い軽自動車や普通車を探すならネクステージへ!

軽自動車と普通車の維持非維持費の比較表を見てみよう!費用の種類や目安を解説

ネクステージは北海道から沖縄まで全国に展開する中古車販売店です。買取・販売実績も豊富な車の専門店として各地に207店舗を構えています。

そんなネクステージは保証サービスが充実しており車検も低価格です。フルに活用すれば車の維持費を大幅に節約することができます。

ここでは、ネクステージが行う購入後の補償や車検の魅力についてご紹介します。

 

購入後の保証サービスがある

ネクステージは普通車・軽自動車・輸入車のすべてに年式や走行距離問わず無償保証を実施しています。(正規ディーラーの輸入車は各ディーラーの保証基準に基づく)

壊れやすいエアコンやオートマなど幅広い部位を無償で修理できるので、突然の出費に困ることもありません。

有償保証も充実しており、初度登録から13年以上経過した低年式車にも安全に乗れるよう1年間の保障も用意しています。補償範囲は33機構318項目と幅広く、年に2回の点検やオイル交換も可能です。

 

条件に合った車を探してみよう

ネクステージではさまざまな車種や年式の車を取り扱っているのが強みです。熟練のバイヤーがこだわりを持って仕入れた車の在庫は、全国の店舗で3万台と圧倒的な品揃えを誇っています。人気モデルやグレード、色なども揃っているので、お気に入りの1台に出会えるでしょう。

 

故障のリスクが高い修復歴車や水没車などを一切販売しないのも信頼できる販売店の証です。たくさんの車の中からご自身の条件に合った車を探していただけます。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

よくある質問

 

Q.車の維持費にはどのようなものがある?

A.車の維持費には、毎月かかるガソリン代や駐車場代、通常は年払いとなる自動車税や任意保険料、車検時に支払う自動車重量税や自賠責保険料、メンテナンス費用などがあります。月額に換算すると、2万円~5万円ほどになるでしょう。

 

Q.車の維持費を抑えるにはどうすればよい?

A.自分でもコントロールしやすい維持費はガソリン代です。低燃費の車を選んで、急発進・急停止を避けてスムーズに運転しましょう。エコカー減税対象車なら税金も安くなります。意外と負担の大きい任意保険を見直してみるのもおすすめです。

 

Q.軽自動車とコンパクトカーでは維持費はどのくらい違う?

A.軽自動車は税金が安いのがメリットです。排気量1,000cc以下のコンパクトカーとの自動車税および自動車重量税の差は、2万円程度でしょう。軽自動車は、任意保険料やメンテナンス費用も若干安いため、月額換算で5,000円程度の差が出ることもあります。

 

Q.輸入車はメンテナンス費用が高くなる?

A.輸入車は故障しやすいというイメージがありますが、最近ではそのリスクは下がってきたといわれています。ただし、修理や部品交換が増えてくると、国産車よりも費用負担は大きくなります。特に中古車の場合は、販売店の保証サポートを重視しましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

まとめ

軽自動車と普通車の維持非維持費の比較表を見てみよう!費用の種類や目安を解説

車の維持費は必要経費ですが、無駄を省いて節約できる部分もあります。特に任意保険やガソリン代などは選び方・使い方によって費用を削減しやすいでしょう。ガソリン代を抑えたいなら、燃費の良い車を選ぶことをおすすめします。

 

ネクステージは豊富な品揃えを誇っており、年式やグレード、燃費など、さまざまな条件からご希望の車を探すことができます。また、車購入時には無償・有償の保証もご用意しているため、任意保険を見直し保険料を抑えることも可能です。まずはお気軽に最寄りの店舗までご相談ください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

■クルマを買うならネクステージグループへ!

軽自動車と普通車の維持非維持費の比較表を見てみよう!費用の種類や目安を解説

※本記事に記載の自賠責保険料は、基準料率改訂等の理由により変更となる場合があります。最新の自賠責保険料率表は損害保険料料率算出機構のHPをご確認ください。

軽自動車と普通車の維持非維持費の比較表を見てみよう!費用の種類や目安を解説

気になる車種をチェック

 

ページトップへ